ラズパイでSelenium

ラズパイでSeleniumを使用した作業の効率化に関する話題があったので試してみた。

SDカードの準備

Raspberry Pi ImagerでサクッとSDに書き込んでセットアップを完了。
今回書き込んだOSは「Raspberry Pi OS Lite(32bit)」。デスクトップ機能は使用しないのでこれで十分。
SSHでログインするのだが、Raspberry Pi Imagerの最新ではOSイメージの書き込み時に設定ができるようになっていた。
インストール後の最初ログインでいつもの儀式を実施。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

$ lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID: Raspbian
Description:    Raspbian GNU/Linux 11 (bullseye)
Release:        11
Codename:       bullseye

python環境

今回はpython3で導入(Raspberry Pi OSの標準環境はpython3)

$ sudo apt install -y python3 python3-pip
$ python -V
Python 3.9.2

selenium の導入

selenium の導入(バージョン指定をせずに導入すると selenium 4 なので注意)

$ pip3 install selenium
$ pip3 list | grep selenium
selenium         4.1.0

chromium-chromedriver の導入

chromium-chromedriver の導入

$ sudo apt install -y chromium-chromedriver
$ dpkg -l | grep chromium
ii  chromium-browser                     95.0.4638.78-rpt6                armhf        Chromium web browser, open-source version of Chrome
ii  chromium-browser-l10n                95.0.4638.78-rpt6                all          chromium-browser language packages
ii  chromium-chromedriver                95.0.4638.78-rpt6                armhf        WebDriver driver for the Chromium Browser
ii  chromium-codecs-ffmpeg-extra         95.0.4638.78-rpt6                armhf        Extra ffmpeg codecs for the Chromium Browser

chromedriver のインストール先の確認

$ which chromedriver
/usr/bin/chromedriver

ソースコード(selenium_by_google.py)

ネットでよく見かけるサンプルソースは selenium 3 だが、最新環境でセットアップすると selenium 4 となるため、一部書き換えが必要。

実行

$ python selenium_by_google.py

※Raspberry PiはRaspberry Pi財団の登録商標です。


添付ファイル: fileselenium_by_google.py 798件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-02-12 (土) 15:55:40